ゴルフのコースを周る上で、
暗黙の持ち時間が存在します。

好きなだけ時間をかけいていいわけではなく、
自分以降の方に迷惑をかけないためにも
スムーズにコースを進みましょう!